バーを開くにあたり大事な確認事項!
バーの内装工事についての基礎知識!

一人から始められるバーの経営では、特に難しい設備は無く他の業態と比較して、出店しやすい点が挙げられます。しかし、競合も多いので売り上げを出していく為には、他店との差別化は必須です。ここでは、バーの内装工事について色々お伝えします。是非、工事する際の参考にして下さいね。

バーの内装デザインの重要性について

バーの内装デザインの重要性は、「バーにどんなお客様が訪れるか?」そこを分析することで自ずと答えが出てきます。バーのお客様と言っても、シングルやカップルなど少人数での来店が多いので、カウンター席が多く設けられていますよね。また、バーではアルコールはもちろんドリンクが提供されるので、内装は必然的に大人向けのデザインです。
このように、大人が大人時間を楽しむ場所なので、適切な内装デザインの空間作りが集客のカギになります。それにバーにも幾つか種類があって、1杯ずつグラス提供するショットバー、スポーツ観戦出来るスポーツバーなど、内装デザインにもそれぞれで違いが生まれます。

バーの内装で押さえておきたいポイントについて

バーの内装で大事なコンセプト

バーの内装を決める最も大切な要素はコンセプトです。バーは、お酒を楽しむ場でもありますが、雰囲気を楽しむ為の場所でもあります。なので、落ち着いた雰囲気が好み、高級な雰囲気が味わいたいなど、バー経営においては客層の違いを把握した上で、コンセプト決定して内装を考えていくことが大切です。ターゲットとしている客層と客単価を明確にし、そこから内装について考えていくようにしましょう。

バーの顔であるカウンター

バーの醍醐味は、何といってもカウンターにあります。バーは、お酒を提供するお店なので、食事よりもアルコールがメインです。なので、カウンターでのお客様とのやり取りが多くなり、バーの雰囲気を決めるのもカウンターになります。
内装造りの中心はカウンターなので、カウンターを中心にバー全体のレイアウトを考える方が都合良いです。また、バックバーのデザインも雰囲気作りには欠かないポイントです。バーの内装を考える際には、バーの顔となるカウンターにはお金をかけて妥協しないようにしましょう。

内装部分は箱と什器で考える

バーのコンセプトが決定した後は、具体的に内装デザインを考えていきますよね。バーの内装でデザイン性を持たせる部分には、床・壁・天井や入口の扉などの箱部分と、バーの機能を満たす為の什器部分が挙げられます。箱のデザインですが、主に色と素材で構成されるので、空間全体の雰囲気が決定する部分になります。
また、什器のデザインは、主に形と素材で構成されているので、空間アクセント部分になります。箱と什器の素材には、木・金属・左官・タイル・ガラス・壁紙・塗装など色々な種類がありますが、素材でバーのコンセプトを表現して空間バランスを取り、バーの形を造っていきましょう。

照明や外装デザインで雰囲気作り

バーは内装はもちろん、外装にも気を配りましょう。会員制バー以外、入りやすいお店の方が客足は増えますよね。また、内装デザインでは、照明も意識するのがポイントです。ライティング調整で、バーの雰囲気はグッと変わります。

内装工事費用の相場について

バーの内装工事内訳

内装設計と言うのは、依頼者と内装イメージなどの打ち合わせを行い、その後、デザイン案を具体的に図面化していく作業です。設計完了後は内装工事を行うので、この段階までにしっかり綿密な打ち合わせを行うことがポイントです。設計依頼先には、設計会社や内装業者などがあり、設計会社は設計と監理を、内装業者は設計と内装工事を併せて行うのが一般的です。なので、内装業者依頼する方がスムーズに内装工事を進めていくことが出来ます。

内装工事

バーの内装工事と言うのは、お店の床・壁・天井などの工事です。また、カウンターやボトル棚などの造作工事や建具工事なども行います。市販品で無く造作することによって、コンセプトに沿った内装デザインに仕上げていくことが可能です。

設備工事

設備工事と言うのは、電気・空調・ガス・給排水・照明などの設備導入工事です。設備工事には専門知識が必要になります。バーをオープンしてから営業支障が出ると困るので、整備工事のDIY工事はやめましょう。

外装工事

外装工事と言うのは、入り口、外観・看板などの造作工事です。お店の外観は、バーに来店するお客様が入店するかの大事な判断ポイントになるので、慎重に検討するようにしましょう。

バーの工事費用相場について

居抜き物件・スケルトン物件で変わる相場

バーの工事では、居抜き物件、スケルトン物件、この2タイプの内装工事があり、それぞれの工事で費用相場は変わってきます。先ず、居抜き物件の内装工事の費用相場は、約10万円~30万円/坪単価が目安です。居抜き物件と言うのは、前のテナントの内装、厨房設備、家具などがそのまま残っている物件です。なので、バーの内装を一から造る必要が無く、スケルトン物件と比較して内装工事費用を経済的に抑えることが出来ます。しかし、物件内装デザインと自分が思い描く理想のコンセプトの相性が悪いと、内装や家具などを全て撤去して造り直すことになります。

一方、スケルトン物件の内装工事の費用相場は、約20万円~40万円/坪単価が目安です。スケルトン物件と言うのは、テナントの基礎部分のみを残した物件です。一から自分の理想のコンセプトに合わせたお店を造っていけるので、デザインの自由度もかなり高いです。しかし、全てを一から揃える必要があるので、居抜き物件と比較すると工事費用は割高で時間もかかってきます。

内装工事費用を抑える方法

バーの内装工事費を少しでも経済的に抑えたい場合、居抜き物件を積極的に探すのがお勧めです。居抜き物件は、前のテナントの持ち主との交渉も出来るので、設備を格安で入手することが出来たり、無料で提供してもらえたり、価格交渉もすることが可能です。なぜリーズナブルに設備を譲り受けることが出来るかと言うと、通常であれば、物件退去する際には必ず元の状態に戻すこと、これが契約上の義務だからです。しかし、設備を全て撤去するとなれば工事や、その分の費用も必要になってきます。

それが居抜き物件になると、前のテナントの持ち主にとっても、これから物件を借りるオーナーにとって、お互いにもメリットがあるのです。注意点には、居抜きで設備を引き取る際、設備が古すぎていないか、正常に動くか、その点を確認した上で問題が無いことが分かってから契約を交わしましょう。また、バーの運営に必要な機材も、中古にすることで初期費用を節約することが出来ます。中古品やレンタルなど、活用出来るものは上手に利用して経済的に工事を進めるのも一つの方法です。

まとめ

ここでは、ここでは、バーの内装工事について色々お伝えしてきましたが、いかがでしたか?バーを経営する為には、自分が理想としているお店のコンセプトを考えることが重要で、ブレてしまえばお店はまとまりの無いものになってしまいます。また、お金をかけ方も、居抜き物件や中古品などを上手に活用しながら、工事予算内で自分のお店のコンセプトに合ったバーに仕上げることが大切です。内装工事での大事なポイントを押さえて、満足のいくバーを造っていきましょう。